ベラジョンカジノ 違法

ベラジョンカジノは違法なのか?徹底検証!

ベラジョンカジノに興味がある方で、やってみたいけど、日本で賭博は違法じゃないの?ベラジョンカジノは大丈夫なの?と気になる方は多いと思います。
ベラジョンカジノは人気のオンラインカジノで多くの方がやっていますが、法律との関係を知らないまま手をつけるのは少し怖いですよね。
「パチンコや競馬とオンラインカジノの違いは?」「過去にオンラインカジノで逮捕者が出た事例は?」などみなさんの気になることをこの記事でご紹介いたします。
ベラジョンカジノを始める前に、ベラジョンカジノの安全性について気になる方はぜひご一読ください。

目次

ベラジョンカジノは違法なのか?

 オンラインカジノが合法の国では、ベラジョンカジノは違法ではありません。オンラインカジノが合法の国は世界に200ヵ国以上あり、フランスやオーストラリア、香港が代表的な国々です。カジノが合法の国は、カジノと同様にオンラインカジノが合法の場合が多いです。

ベラジョンカジノが獲得しているライセンス

ベラジョンカジノを始め、オンラインカジノを運営するにはライセンスが必要です。政府の監査が入り、その監査で問題がなければ、オンラインカジノとして運営できます。オンラインカジノはこのように政府の厳しい監査に合格していますので、信頼して良いかと思います。国によって監査の基準は違いますので、信頼できる国の運営するオンラインカジノを選ぶに越したことはありません。信頼できるオンラインカジノの運営国の一つにマルタ共和国があります。マルタ共和国は世界で初めてオンラインカジノ規制を取り入れた国であり、不正や犯罪などに対しての取り組みが盛んに行われています。


そんなマルタ共和国の「MGA: Malta Gaming Authority」のライセンスは発行審査が厳しく、未成年や弱者の保護、プレイヤーの権利の保護、犯罪の抑止などを目的とし、オンラインカジノの秩序を守っています。そんなライセンスを取得しているのがベラジョンカジノです。

日本国内でベラジョンカジノを行うことは違法なのか

ここまで、オンラインカジノ自体は違法ではないというお話をしてきました。しかし、日本でこのオンラインカジノをプレイすることは違法なのでしょうか。
日本でオンラインカジノをすることは、違法でも合法でもない「グレーゾーン」です。
なぜグレーゾーンという表現が用いられているかというと、オンラインカジノに対し日本での法整備が進められていないため、法的に取り扱いにくい状態になっているためです。
日本の賭博に対する法律は今どのようになっているのでしょうか?

日本の賭博法について

それでは今の日本には賭博に対して、どのような法律があるのか見ていきます。
刑法185条【単純賭博罪】
 賭博をした者は、五十万円以下の罰金又は科料に処する。ただし、一時の娯楽に供するものを賭けたにとどまるときは、この限りでない。
刑法186条【常習賭博及び賭博場開帳等図利】
常習として賭博をした者は、3年以下の懲役に処する。
賭博場を開張し、又は博徒を結合して利益を図った者は、3月以上5年以下の懲役に処する。

まず前提として、賭博罪は「国内犯」です。つまり、海外の合法な国で賭博を行っても、日本の刑法185条や186条で裁くことはできません。
この前提をもとに二つの法律を見てみると、一見オンライン賭博はこの刑法185条に触れているように思えます。しかし、賭博罪は「必要的共犯」といって、賭博に参加する者、賭博を開く者の両方が罪に問える状態でないと、賭博罪で処罰されない解釈があります。その解釈に従えば、国内から賭博に参加することは違法ですが、海外で合法的に賭博を開いている人は合法なので、「必要的共犯」により国内で賭博を行っている人に罪は問えないことになります。
 しかし、この解釈も絶対正しいというわけではありません。例えば、衆議院への質問主意書で、この問題が挙げられた際、政府は「捜査機関がここに判断すべきなので、政府として回答は差し控える」と前置きしながら、「一般論では刑法185条が成立することがあるものと考えられる」というような回答をしています。もちろん、「政府としての回答を差し控える」としているので、政府が「オンラインカジノは違法だ」とは言っていませんが、オンラインカジノが海外のサイトだからといって全て刑法に触れないというわけではないようです。
 これまで日本の賭博に対する法律を見てきましたが、法の解釈によっては合法とも違法とも言い切れません。

日本でのオンラインカジノの事件

ここまでグレーゾーンであることを述べてきましたが、実際に日本でオンラインカジノにまつわる事件がありました。日本でオンラインカジノを行い、逮捕されたプレイヤーがいましたが、結果不起訴になりました。
その詳細を見ていきましょう。

  •  2016年胴元が海外のオンラインカジノを利用した日本国内のプレイヤーが3名逮捕
     無店舗型オンラインカジノの利用者が初めて逮捕されたため、全国に衝撃が走った事件でした。3人が利用したサイトは、現在はすでに閉鎖されているイギリスが拠点の「スマートカジノ」。ライブ配信を用いて、ディーラーが日本語でゲームを行うものでした。そのため、日本人に向けたカジノサービスだという判断がなされて逮捕に至りました。
     さて、前例のない逮捕に人々の関心を集めた裁判でしたが、逮捕された3人のうち、2人は略式起訴を行い、裁判を行わずに罰金刑を受けました。
     残りの1人は、略式起訴を選択せず裁判を行いました。オンラインカジノの利用を認めた上で、オンラインカジノの違法性を明示する法律はないこと、法整備が進んでいない現状での突然の逮捕は不当であることを感じ裁判を行ったそうです。
    裁判では見事不起訴処分が下りました。不起訴処分のため、罰金などはもちろんなく、経歴に傷がつくことはありませんでした。
    この裁判を担当した津田岳宏弁護士は、オンラインカジノの運営の主体が海外にあり、検挙できない状態でカジノの利用者のみを検挙することが不当であるという内容の意見書を検察庁に提出しました。その結果不起訴になったのかもしれません。まさに先ほど説明した「必要的共犯」のお話です。
    この事件の全貌は以上です。この判例から、必ずしもオンラインカジノで逮捕された場合、不起訴になるとも言えませんが、「必要的共犯」であるため、海外の胴元を逮捕できない状態でプレイヤーの罪のみを問うことはできないという解釈は、ある程度正当性があるようです。

  • この事例の賭博と、ベラジョンカジノの比較
     さて、この「スマートカジノ」と「ベラジョンカジノ」との比較を行います。ベラジョンカジノをプレイする際に逮捕される可能性は、スマートカジノのようにあるのでしょうか。ベラジョンカジノの場合、逮捕・起訴される可能性は高いとは言えないでしょう。
    ベラジョンカジノは、スマートカジノのように、日本語で進行するディーラーや、日本時間に合わせてのサービス展開など、日本人に特化したサービスではありません。スマートカジノの事件は、日本人にのみ向けられたカジノであったためプレイヤーが逮捕されてしまいましたが、ベラジョンカジノの場合は日本人に特化していないためその心配はないでしょう。

日本国内で認められている賭け事の事例

ここでは、日本における賭け事を紹介していきます。日本には合法のものもあれば、グレーな賭け事も多く存在します。オンラインカジノも、法整備が追いつかず、グレーのまま普及していく可能性だってあります。そんな可能性を秘めたオンラインカジノの状況を踏まえた上で、他の賭け事も見ていきましょう。
  • 公営競技
    公営競技とは、日本が公的に認めているギャンブルです。競技自体はプロスポーツの一つとして運営されています。競技は以下の4つです。
    • 競馬
    • 競輪
    • 競艇
    • オートレース

どれも、勝つ馬や、選手を予想し、投票券を購入、予想が当たれば、配当金を手にすることができるというシンプルなルールです。

公的に認められているとお話ししましたが、運営団体が公的機関のため、これは日本国内において、違法性の全くない合法のギャンブルです。

  •  パチンコ&スロット

パチンコに対する特別な法律はありませんが、パチンコは刑法185条や刑法186条に触れないために「3店方式」で採用しました。流れは以下の通りです。パチンコの玉を客が購入し、店で玉を増やす。その後客がパチンコ店を出て、「景品交換所」という場所に景品を買い取ってもらいます。「景品交換所」が買い取った景品は「問屋」という場所が買い取ります。そして、その「問屋」からパチンコ屋が景品を買い取るのです。このような制度でパチンコ屋は法に触れることなく運営されています。
このような仕組みになった経緯は、もともと換金できなかったパチンコの景品(当時貴重だったタバコ)を第三者がパチンコ店の客から買い取り、パチンコ屋にかさ増しして売りつけるということを行なっており、それにパチンコ屋が困っていたため警察も介入したのでした。少し特殊な歴史背景があるため、オンラインカジノと比較することは難しいかもしれません。

  •  宝くじ

宝くじは、宝くじの購入者に抽選で賞金が与えられるものです。当せん金付証票法という法律によって法整備がなされており、これも合法です。賭博とは刑法上でいくつか違いがあります。一つ目は、お金を手に入れる方法です。賭博だと抽選以外の運も絡めたある一定のルールに則り決められますが、宝くじは抽選でお金が手に入ります。そのほかにも胴元と客の関係にも違いがありますが、このように刑法上で明確に区別がされ法整備がしっかりなされています。

  •  日本国内で認められている賭け事と、ベラジョンカジノの比較

 ここまで日本にすでにある賭け事を紹介しましたが、どれも法整備が進んでいたり、もしくは致し方ない歴史的な背景があったりしました。オンラインカジノも、法整備を推し進めるか、普及して法に触れないような仕組みが作られるかすると、大手を振ってプレイできるようになるかもしれません。

まとめ【ベラジョンカジノをプレイして逮捕、起訴される可能性は低い】

ここでは、日本における賭け事を紹介していきます。日本には合法のものもあれば、グレーな賭け事も多く存在します。オンラインカジノも、法整備が追いつかず、グレーのまま普及していく可能性だってあります。そんな可能性を秘めたオンラインカジノの状況を踏まえた上で、他の賭け事も見ていきましょう。